外壁塗装を指名したのはダレ
ホーム > 出会い > 立ち飲みバーは費用対効果が良い

立ち飲みバーは費用対効果が良い

彼女を見つける方法の一つに立ち飲みバーという選択肢もあります。

着席で飲むバーと異なり立ち飲みバーであれば、異性と出会いやすいという長所があるので、ご紹介していきます。

立ち飲みバーの良い点

自由に行き来できる

立ち飲みバーのお店には、座るところがないので、お店の中でいくらでも行き来することが出来るというメリットがあります。

それゆえに、可愛い女の子を見かけたら、どんどん声を掛けることも問題なく出来ます。

距離感が近い

ラウンジのような着席形式であれば、テーブルが真ん中にあって、女性と向かい合うことが当たり前ですが、立ち飲みバーであれば、相手のすぐ横にポジショニングすることも可能です。

こういった距離感が、彼女を見つけやすいポイントとなってくるのです。

費用対効果が良い

立ち飲みバーだと、席に座って、ゆったりウイスキーなどを飲みつつ時間を過ごすというスタイルではありません。

そういった意味で、少量だけ飲むだけでも大丈夫ですし、一人で飲みにいくことも出来ます。

それに、座るとこがないだけ、費用も安くなっているので、立ち飲みバーへ行った場合のコスパは非常に良いと言えるのです。

立ち飲みバーのデメリット

しかし、その一方で、立ち飲みバーを通じて出会いを実現したい人は、次のような点に気を付ける必要があります。

疲れる

立ち飲みバーだと、当然のことながら、座るスペースがないので、結構、疲れます。

しかも、人の出入りが激しいので、落ち着いてお酒をたしなみたい方には向いていません。

落ち着いて話せない

立ち飲みバーの中で人が集まりやすいお店だとそれなりに騒々しいです。

活気があるのは良いことなのかもしれませんが、悪く言うとうるさいです。

そうなったら女の子とゆっくり話すのが、難しくなるので、声をしっかり出さないといけないこともあります。

社交性が求められる

こういったお酒の場では、やはり社交性が問われて来ます。

社交性を持ってない人は立ち飲みバーでも女の子に話しかけたり、親密な関係になったりすることは、かなり大変だったりします。

ですから、社交性に自身がない方は、立ち飲みバーへ行くのではなく出会い系サイトで女性を探す方が有効です。

出会いを郡山で探す